認識院長

院長

陳志文

院長室

(07)591-9250

研究

(07)591-6581

傳真

(07)591-9252

E-mail

jwc67@nuk.edu.tw

個人網頁

請連結

   學歷

    日本 國立東北大學日本語學博士

   現職

    國立高雄大學 東亞語文學系教授兼人文社會科學院院長

    經歷

  高雄大學東亞語文學系教授(2014.2~至今)
  高雄大學人文社會科學院副院長(2013.8-2015.7)
  高雄大學人文社會科學院越南研究中心主任(2013.8-2015.7)
  高雄大學東亞語文學系副教授兼代系主任(2014.2~2015.1)
  高雄大學東亞語文學系副教授兼系主任(2010.11~2014.1)
  高雄大學東亞語文學系副教授(2010.8~2010.10)
  南台科技大學應用日語系副教授(2006.8~2010.7)
  南台科技大學休閒事業管理學系副教授(2005.8~2006.7)
  文藻外語學院日本語文系講師、副教授(1996.8~2005.7)

    專長

     日本語學、日本語教育、中日對照研究

1.陳志文(2015年5月)「形容動詞連体形における「な/の」の選択条件について―「有名」「有限」「有数」の考察を中心として-」『日本語語彙へのアプローチ』 おうふうP78-P94

2.陳志文『現代日本語の計量文体論』(2012年8月) くろしお出版

3.陳志文『現代日本語の計量的研究』(2012年6月) 致良出版社

4.陳乃華・陳志文 『e世代日本語中級1練習帳』(2009年11月)致良出版社

5.陳乃華・陳志文 『e世代日本語中級1』(2009年11月) 致良出版社

 

期刊論文

1.陳志文* (2017.06)「謙譲語の「ご<漢語動名詞>いたします」と「<漢語動名詞>いたします」についての考察」『台灣應用日語研究』第19期P71-P96

2.陳志文* (2016)「副詞の「直ぐ」と「直ぐに」についての考察-『BCCWJ』における使用実態-」『台灣應用日語研究』第18期P39-P62

3.陳志文*(2016)「いわゆる副詞の「ゆっくり」と「ゆっくりと」についての考察-『BCCWJ』における使用実態- 」『台灣應用日語研究』第17期P27-P51

4.陳志文*(2015)「副詞の「比較的」と「比較的に」についての考察 : 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における使用実態 」『国語学研究』54号P152-P167
5.陳志文* (2014)「略論《安子日程》的漢語文化圈內涵-以喃字、中文與日語之兩字漢字為範疇- 」『明道日本語教育』(電子學報)第8期 明道大學應用日語系P39-P56
6.陳志文* (2014)「「具体的+N」と「具体的な+N」についての考察─『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における使用実態」 『国語学研究』53号P1-P15
7.陳志文* (2013.10)「形容詞の「並列用法」についての日中対訳研究」『台灣日本研究』,第7期P161-P190(NSC 100-2410-H-390-022)台灣日本研究學會P161-P190
8.陳志文* (2012.10) 3 「漢語形容動詞についての日中対訳研究ー村上春樹の『1Q84 BOOK1』を対象としてー」『台灣日本研究』第6期,台灣日本研究學會P235-P258
9.陳志文* (2012)「漢語動名詞についての日中対照研究」『應用外語學報』第18期, 國立高雄第一科技大學外語學院P111-P126
10.陳志文* (2011.6) 「形容詞の語順―接続助詞「て」による連接を中心に―」『台灣日語教育學報』第16号台灣日語教育學會P181-P195
11.陳志文*・李營榕(2010.12)「日本語臨時一語における中国語との対訳形式」『中華日本研究』第二期中華大學應用日語系P109-P166
12.陳志文* (2010.7)「現代日本語の小説における男性作家と女性作家との文体差」『日本語日本文学』第35輯 輔仁大學日本語文學系P90-P108
13.陳志文* (2010.6)「連体修飾句における多重性と語順―中、上級読解の日本語教科書からの分析」『台湾日本語文学報』27号台湾日本語文学会P175-P194
14.陳志文*・郭姿余(2009.9) 「日本語の受身表現とその中国語訳」『明道日本語教育』第三期 明道大學應用日語系P56-P86
15.陳志文*(2008.12)「ブログ文章に見られる文体の類型―年齢及び性別とのかかわりを中心に―」南台科技大學學報第33期P13-P20
16.陳志文*・柯惟惟(2008.7) 「台湾における新日系外来語についての研究-『mina米娜時尚國際中文版』の調査を通して-」『明道日本語教育』第二期 明道大學應用日語系P61-P90
17.陳志文*・李欣錡(2008、3)「現代雑誌200万字言語調査語彙表に見られるオノマトペの使用層別特徴」『国語学研究』第47集,東北大学大学院文学研究科「国語学研究」刊行会P27-P39
18.陳志文*・魏華毅(2007)「授受表現における非恩恵型「~てやる」の文型に見られる特徴――動作の進行方向と利益の獲得方向という観点から―」『淡江日本論叢』第16輯,淡江大学本語文學系P3-P16
19.陳志文* (2007)「現代日本語の小説に見られる文体の類型」『南台應用日語學報』第7期,南台科技術大學応用日本語学科P27-P40
20.陳志文* (2006)「高校教科書に見られる文体の類型―主成分分析法を通して―」『應用外語學報』第4期,國立高雄第一科技大學P123-P140
21.陳志文*(2005)「男性誌と女性誌に見られる文体特性の相違―「論理的」と「感性的」―」『計量国語学』25巻1号,計量国語学会P32-P45
22.陳志文* (2005)「新聞,週刊誌,高校教科書に見られる文体の類型と特性―主成分分析法を通して―」『日本語文法』5巻1号,日本語文法学会P176-P195
23.陳志文* (2004)「「モノ」の各用法における意味のつながり―本質の意味とその展開―」『言語科学論集』第8号,東北大学大学院文学研究科言語科学専攻P49-P60
24.陳志文*(2004)「週刊誌に見られる文体の類型―主成分分析法を通して―」『計量国語学』24巻6号,計量国語学会P308-P319
25.陳志文* (2003)「新聞と週刊誌に見られる文体の類型―主成分分析法を通して―」『文芸研究』第156集,日本文芸研究会P34-P48
26.陳志文*(2003)「新聞の各紙面に見られる文体の類型―主成分分析法による朝日新聞と読売新聞の分析から―」『国語学研究』第42集,東北大学大学院文学研究科「国語学研究」刊行会P29-P39
27.陳志文* (2002)「日台同一事件のネット記事に見られる直接引用表現の相違―情報源明示引用型と発話引用型―」『言語科学論集』第6号,東北大学大学院文学研究科言語科学専攻P85-P96
28.陳志文* (2002)「主語機能を有する「は」と「が」の使い分けについての考察」『文藻学報』第16集,文藻外語学院P107-P122
29.陳志文* (1996)「接続副詞」の成立について」『文藻学報』第10集,文藻外国語文専科学校P91-P104
 

研討會論文

1.陳志文* 「謙譲語の「ご<漢語動名詞>いたします」と 「<漢語動名詞>いたします」についての考察」「日本語・文化に関する国際学術討論会」 新潟大学グローバル教育センター主催、 新潟大学現代社会文化研究科共催於新潟大学駅南キャンパス(2016年11月26日)

2.陳志文副詞の「直ぐ」と「直ぐに」についての考察-『BCCWJ』における使用実態-日本比較文化学会第38回全国大会(2016年5月21日)日本弘前學院大學

3.陳志文「副詞の「ゆっくり」と「ゆっくりと」についての考察-『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における使用実態-」日本比較文化学会第37回全国大会(2015年6月13日)日本創價大學

4.陳志文「比較的+用言」と「比較的に+用言」についての考察―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における使用実態― 2014年度輔仁大学日本語文学科国際シンポジウム『新旧の出会うところ―日本語文法の理論と実践―』(2014年11月)
5.陳志文「日本語、韓国語及びベトナム語における-2字漢語の基本語彙に関する研究- 」 日本比較文化学会 第36回全国大会(2014年6月 14日至 6月 15日)。科技部:102-2410-H-390-016。
6.陳志文「「具体的+N」と「具体的な+N」についての考察─『現代日本語書き言葉均衡コーパス(少納言)』における使用実態」 2013年應用日語教學國際學術研討會,吳鳳科技大學
7.陳志文「略論《安子日程》的漢語文化圈內涵-以喃字、中文與日語之兩字漢字為範疇- 」保存、發揮北江省永嚴寺木刻版價值國際學術研討會,越南。
8.陳志文「形容詞の語順についての日中対照研究」(2012.5.18)義守大學應用日語系2012 年日本文化與教學應用國際學術研討會
9.「陳志文漢語形容動詞についての日中対照研究」(2011・10・21)2011年文藻外語學院國際學術研討會
10.陳志文「形容詞の語順-接続助詞「て」による連続を中心に」(2010.11.28)2010年台灣日語教育學會國際研討會
11.陳志文「漢語動名詞についての日中対照研究」(2010.10.23)2010年台大日本語文創新國際學術研討會
12.陳志文・李營榕「日本語臨時一語における中国語との対訳形式」(2010.3.12)2010中華大學應用日語系國際學術研討會
13.陳志文「現代日本語の小説における男性作家と女性作家との文体差」(2009.11.21)輔仁大学四十周年国際シンポジウム「文化における歴史―伝承・断絶・再生」
14.陳志文「連体修飾句における多重性と語順―中、上級読解の日本語教科書からの分析」 (2009.9.25)2009年台大日本語文創新國際學術研討會
15.陳志文「文体特性と年齢的要因及び性別的要因―ブログ文章からの分析」(2008.5.31) 2008 年台大日本語文創新國際學術研討會
16.陳志文(2003.9.27)「新聞と週刊誌に見られる文体の類型―主成分分析法を通して―」日本文芸研究会15年第1回研究発表会
17.陳志文(2001.4.21)如何建立初中級學習者「は」與「が」之觀念-透過五專1到3年級之教材分析教育部技職體系專業教育夥伴關係研討
 

1.「助詞[to]及[ni]後接與否之副詞研究--以現代書面用語均衡語料庫使用實態為主」(104-2410-H-390-023-)2015/08/01 ~ 2016/07/31

2.「日韓越語兩字漢字之基本語彙研究」(NSC102-2410-H-390-016-)2013/08/01 ~ 2014/07/31
3.「形容詞的語順之中日對照研究」(NSC100-2410-H-390-022-)2011/08/01 ~ 2012/07/31
4.「文體特性與年齡階層的相關性研究-從部落格的文章中分析-」(NSC97-2410-H-218-019-)2008/08/01 ~ 2009/07/31
5.「現代日文小說中可見的文體類型」( NSC95-2411-H-218-004-)2006/08/01 ~ 2007/07/31

 

1.教育部105學年度「區域教學資源中心東南亞語課程-泰語磨課師」(計畫主持人)
  計畫期程:105年5月1日至107年12月31日
  執行學校名稱:國立高雄大學
  執行單位名稱:高東屏區域教學資源中心
2.教育部106年度「人文及社會科學知識跨界應用能力培育計畫-重塑高雄蚵仔寮漁村
  聚落綠色海洋人文地景」(共同主持人)
  計畫期程:106年2月1日至107年1月31日
  執行學校名稱:國立高雄大學
  執行單位名稱:人文社會科學院及管理學院計畫團隊
3.教育部105年度「再造人文社會科學教育發展計畫-亞洲新灣區菁英學院」(共同主
  持人)
  計畫期程:105年2月1日至106年1月31日
  執行學校名稱:國立高雄大學
  執行單位名稱:人文社會科學院

4.高雄大學東亞語文學系2012年「第二屆東亞語文社會國際研討會」國科會補助國內
  舉辦學術研討會
5.住友財団(アジア諸国における日本関連研究助成)(2011.4.1-2012.3.31)
 「漢語動名詞についての日中対照研究」
6.百留康晴,林立苹,陳志文,百留惠美子,鳴海伸一 (2011.4.1-2012.3.31)『日本語
  の2字漢語における品詞性の研究』財団法人交流協会平成23年度共同研究助成事
  業(人文・社会科学分野)
7.住友財団(アジア諸国における日本関連研究助成)(2007.4.1.-2008.3.31)
 「台湾での日本語教育におけるオノマトペの提出順序に関する一提案」
8.南台科技大學應用日語系2008年國際學術研討會「應用日語系(所)之教育與產業界
  之結合」國科會補助國內舉辦學術研討會97-2916-I-218-001-A1(2008.11.1)
9.財団法人交流協会「2007年度日台研究支援活動」(2007.7.31~2007.8.30) 「
 『現代雑誌200万字言語調査語彙表』に見られるオノマトペの使用層別特徴」